オンカジをスマホでプレイ!モバイルカジノとは?

技術

みなさんは、オンラインカジノをプレイするとき、どんなデバイスを使用していますか? やはり、オンラインカジノの魅力は優れたCGだったりもしますし、画面が大きい方が迫力はあるので、デスクトップやノートパソコン等、パソコンでプレイする人もきっと多いですよね。それはそれで、臨場感重視の場合はベストですし、めっちゃ楽しいですよね! でもやはり、ちょっとした空き時間にも、プレイできたらいいですよね。 何せオンラインカジノプレイヤーは皆、一攫千金の夢を見ているわけですから(ですよね?) ^^。 待ち合わせ時間に、仕事の休み時間に、電車やタクシーで移動中等に、寝る前に少しだけ、サクッと…『暇つぶししたい』&『稼ぎたい!』という気持ち、みんな持っているはず。 『ちょっとプレイしたら、数10万円〜100万円とか勝てるかも…』と、思うと、やはりスマホでプレイできる機能は、嬉しいですよね。普通のスマホゲームするより必然的にエキサイトしちゃいますね! 「画面が小さいから、パソコンほど楽しめないのでは?」という人もいるでしょう。でも今は、多くのオンラインカジノがスマホ対応(完全レスポンシブ)デザインにしており、また、スマホならではの特典もあったり、とにかくモバイルにも力を入れています。モバイルカジノならではのメリットもあるんです!スマホやタブレットでもどんなデバイスでも、いつでもどこでも好きなゲームをプレイできる時代になっています。 また、オンラインカジノ業界では単なるモバイル対応(=レスポンシブデザイン)にとどまらず、最近では「モバイルアプリ」を提供しているオンラインカジノが本当に増えているんですよ。また、入金&出金や設定の変更等も、アプリからできるサイトもたくさんあるので、スマホだけでゲームのプレイ&お金の管理まで完結できちゃいます。 オンラインカジノのボーナスの全てについて学ぶなら、こちらから! スマホアプリを提供しているおすすめオンカジ: 以下のオンラインカジノはどれも、スマホアプリを完備していて、且つおすすめできる安心安全のオンラインカジノです!初回ボーナス情報と一緒に、参考にしてみてください。 オンラインカジノ名  初回ボーナス  ウィリアムヒル    $150 ジパングカジノ    $300 カジノX        ¥200,000 まね吉       $777&入金不要フリースピン

Zamsino Japanと、編集長エリック・キング氏

技術

この記事では、日本の様々なオンラインカジノサイトを比較しているサイト、「Zamsino Japan」と、その編集長のエリック・キング(Erik King)氏をご紹介します。Zamsino Japanは、2020年最新の日本のオンラインカジノサイトを比較し、記事やランキングで紹介しているサイトです。とてもシンプルな作りのサイトですが、その分、必要な情報(ボーナス比較付きの、オンラインカジノランキングなど)が直ぐに見つけられる、とっても使いやすいオンカジ比較サイトです。 編集長のエリック・キング氏 Zamsino の編集長であるエリック・キング(Erik King)氏は、カジノ業界で様々な経験を長年積んできた正真正銘の「カジノのエキスパート」です。エリック氏は、事業開発マネージャー、カジノゲーム・インテグレーター、ウェブ開発者、ウェブサイトエディターとして、iGaming 業界で幅広く、長年活躍してきました。このように、色々な角度からカジノ業界をみてきた経験から、広い視野と、信頼できるプロの目線を持っています。Zamsino Japanでは、エリック・キング氏監修のもと、オンラインカジノを比較&紹介がされています。オンラインカジノ比較サイトは数あれど、このように編集者を全面に紹介しているのはとても珍しいことです。メールアドレスまで公開しているので、かなり信頼もおけそうです。 Zamsino Japanで主に得られる情報 Zamsino Japanでは、日本のオンラインカジノのフリースピン数、カジノボーナス等の最新情報を比較紹介しています。サイトに飛ぶと、トップぺージで早速、おすすめの高額ボーナスオファー中のオンカジをランキング形式で紹介しており、一番お得に遊べるサイトが一目で分かります! Zamsino Japanでは、ユーザーに安心してもらえるサイト紹介を重視しています。例えば、高額なボーナスにはよく、規約をよく読まないと気付かないような厳しい賭け条件や出金条件が設定されています。Zamsino Japanは、そういったサイトの姿勢を良しとしないため、不当な賭け条件を提示しているカジノは掲載していません。 また、オンラインカジノ用語の説明や、様々なボーナスの種類、オンラインカジノで人気のゲームの種類など、様々な基本情報も書かれています。

海外のサイトを見ていると、時々日本の商品を話題にしているサイトに出

技術

会う。日本で暮らしていると気づかないことが多いが、海外の人にとっては、日本の製品はとてもユニークに映るようだ。そんな日本の製品をいくつか集めてみた。 アイマスクアラームは、アイマスクとアラームを合体させた新しいデバイスだ。スマートフォンで起きたい時間をセットすると、光とバイブレーションのコンビであなたを起こしてくれる。光もだんだん明るくなるようになっているので、叩き起こされる感じではなく快適に起床できる。鼻にフィットするデザインで、カバーも洗濯できるので、清潔に保てることもポイントだ。  ランチの後せっかく買ったコーヒーが冷めてがっかりすることは皆さんも覚えがあるのではないだろうか。USBあったか紙コップウオーマー2はそんな悩みを解決してくれる製品だ。コップの様な形状になっており、USBプラグさえあればそのままコップを差し込んで使用できる。紙コップに入っていれば自分で暖めた飲み物も保温できるので、オフィスでも家でも活躍しそうだ。 Smaponはスマートフォンの上に乗せて遊べるコミュニケーショントイだ。専用アプリをダウンロードし、画面の上に載せると会話が始まる。ユーザーに合わせて性格が設定され、日替わり占いやミニゲーム等色々な楽しみ方が出来る。お世話モードは昔流行した万歩計のようだ。また相性占いや他のSmapon同士でのおしゃべりモードもあるので、少し疲れたときに癒されるのもいいかもしれない。  空調服はもともと真夏の炎天下や過酷な環境下での作業用に作られた製品だが、最近は日本でも真夏の気温が上がってきているので、一般人にも浸透しているようだ。バッテリーを電源にしてファンが動き、体の表面に大量の空気を流すことで汗を気化し、通常より体感温度を下げることが出来る。エアコンよりも使用する電気量が少ないのでエコともいえるだろう。 PCの見すぎでドライアイや疲れ目に悩まされている方も多いのではないだろうか。The hushtime minionアイウォーマーは使いすぎた目を暖めてリフレッシュさせてくれる。ピーナッツのようなカーブ状の形状がアイホールにフィットし、目を暖めてくれる。スイッチを入れてから約10秒で温まるのでその場ですぐ利用でき、3種類の温度設定があるので好みや疲労度によって使い分けることも出来る。USBで繋げるワイヤレス充電パッドも付いているので、オフィスでも簡単に充電できる。  日本人はサービス精神が旺盛だとよく言われる。今回の調査でも、その様な精神が多くの製品から感じられた。これからもどんな製品が生まれてくるのか楽しみだ。

Tokyo game show

技術

東京ゲームショウとは、コンピューターエンターテインメント協会(CESA)の主催によって毎年秋ごろ開催されている。L.A.で行われるE3、ドイツのケルンで行われるGamescomと並び世界三大ゲームショウと称される。1996年に初めて開催され、それから毎年欠かすことなく行われている。  期間は4日。最初の2日間(通常は木・金曜日)はビジネスデイとされゲーム業界者や報道関係者、流通関係者のみへの公開となる。残りの2日(土・日曜日)は一般公開日とされている。色々な企業のブースが設けられ、ゲームの展示はもちろん、ゲームのグッズが販売されたりイベントが行われていたりする。また、一般参加者はコスプレでの参加が認められており、毎年色々なゲームのキャラクターになりきることが参加者が一番盛り上がるところでもある。2020年は9月24日からの4日間、幕張メッセで開催される。  2019年の開催では26万人強が参加し、655企業・団体(国内350・海外305)からの出展があった。家庭用ゲームからPC、スマートフォンなど様々なプラットフォームでプレイできる新作やサービスが多く出展されていた。 毎年テーマを抱えており、2019年は「もっとつながる。もっと楽しい」というテーマで開催された。またそのテーマに沿うように、一昨年頃から4Gよりもより一段と高速・低遅延な5Gが導入されることが予測されていた中で、「5Gインパクト~5Gによって“ゲームチェンジ”は起こるか?」という基調講演が持たれた。この5Gムーブが、クラウドゲームやeスポーツにどういった影響を与えていくのかということは実に興味深く、これから注目されていくだろう。  会場ではやはりVRやARなどの技術を使った最新ゲームが見受けられ、様々な参加者からの期待と熱気が感じられた。またそれだけでなく、前述の5Gを利用できるオンラインゲームをはじめとするPCゲーム等も展示される。  開催中にはゲーム関係事業者同士の交流も多く、リニューアルされた「TGSビジネスマッチングシステム」では2018年の2倍にもなる1496件の商談が成立し、ゲーム事業における交流の場という重要な役割も果たしていると言えるだろう。  eスポーツや5Gの到来を踏まえて、これから開催されるショウがどのような未来を見据えて開催されるのだろうか。世界3大ゲームショウとしての役割を担う東京ゲームショウにぜひ一度足を運ばれてはいかがだろう。

日本のビデオゲームはファミコンに始まり多様な変化と進化を遂げてき

技術

た。世界のゲーム文化に多大な貢献をもたらしたとも言われている。今回は日本でも世界でも未だにプレイされている10大ゲームを見ていこう。 バイオハザードは96年にPlaystationから発売され、携帯アプリなどを含めると19年12月現在で132タイトルを誇る。累計売上は9400万本。ハリウッドで映画なども製作され、ゲームファンにも映画ファンにも多大な影響を与えた。 Wii Sportsは世界中で約8800万本の売上を上げた。それまで手先だけを使うものがゲームという常識を、Wiiというデバイスによって体全体を使ってプレイするという常識に覆した事はゲーム界にとって大きな事件だったのはこの数字を見ても一目瞭然だ。 ドラゴンクエストは86年、ファミコンのソフトとして発売された。家庭用ゲーム機でのRPGゲーム第一号だ。それから携帯電話を含む様々なデバイスでタイトルを発表し、20年現在でも発売が予定されているという事実は今でも根強いファンがいるということを示している。 ファイナルファンタジーも同様に87年発売され、今でも絶大な人気を誇っている。ドラゴンクエストとは良いライバル関係である。 ストリートファイターは87年にアーケードゲームとして発表されたが、続くストIIがスーパーファミコン版で発売された。多くのシリーズが産み出され、今でもアーケードで見られるほどだ。 2001年に発売されたどうぶつの森はNINTENDO64用のソフトであったが女性や子供の絶大な人気を得てニンテンドーDSソフトの『おいでよ 動物の森』で全世界約1700万本の売上を上げた。 モンスターハンターは今でも世界中でプレイされている。2004年にPlaystation2で発売され、Wiiや3DSからはネットに繋ぐことでチームプレイやバトルが可能になったためか、コアなファンを増やした。 ゼルダの伝説は86年に任天堂がリリースした。今でも根強いファンが空の支持を受け、昨秋には最新作『夢をみる島』も発売されている。 ポケモンはゲーマーでなくとも聞いたことがある人が多いのではないだろうか。96年にゲームボーイ用ソフトで小学生層の強い支持を得て、97年にはアニメ化もされ、さらに映画化までされている。様々な社会現象を生み出し、ポケモン市場は6兆円を越えるともいわれる。 スーパーマリオブラザーズは説明する必要がないくらい、誰もが知る日本のビデオゲームだ。85年にファミコン用ソフトとして発売されて以来様々な関連タイトルが産み出され、累計5億6千万本の売上を突破し、最も売れたゲームシリーズとしてギネスにも名が刻まれている。特に主人公のマリオは任天堂の看板キャラクターにもなっており、世界中で未だに愛されている。 ここまで早足に見てきたがいかがだろう。半数以上が長い歴史を持ち、全世界で愛されているゲームが多かった。毎日多くのゲームが産み出される中で生き残ってきたのは、大事なものは変えなくても、時代に合わせて必要なものは変えていくというクリエイターの決断の連続であったのではないかと感じる。これからもどんなゲームが生まれて残っていくのか、楽しみである。