テクノロジーが私たちの生活を取り囲むに連れて、色々なテクノロジーに

技術

関するブログも増え続けている。このままテクノロジーが進化し続けるならば、10年後私たちの生活はどのようになっているのだろうか。今でさえ、スマートフォンが突然なくなってしまうだけで困惑してしまう人は少なくはないと思う。そんなテクノロジーの進化に向けて私たちはどう進化していけばいいのだろうか。今回はテクノロジーに親近感を感じられるようなブログを集めてみた。 まず、今どのようなテクノロジーが利用されているのかといったことをメインに記事を掲載しているMIT Technology Review(https://www.technologyreview.jp/)。持続可能エネルギーや宇宙ビジネスなど、一度は聞いたことのあるような言葉を身近にしてくれる。有料会員になる必要はあるが、その価値はあるかもしれない。 大阪のソフトウェア会社で事業部長として勤める佐々木大輔さんは、社会人として働きながらも、記述ブログを個人で運営している。基幹ネットワークや大学のコアネットワークの設計・構築事業に係わってきたという。ブログ内(https://dev.classmethod.jp/author/sasaki-daisuke/)では様々なエンジニアとしての技術を紹介しながらも、InstaVRの設定の仕方やAmazon Alexaの利用方法、技術などエンジニアでなくても少し興味がわくような話題を取り上げ、丁寧に解説してくれている。 高妻智一さんは2013年からスマホゲームの開発に係っていたが、仮想通貨などについて個人ブログを書き進めるうちブロックチェーンに興味がわき2018に本職とするため転職を果たした。ブロックチェーンエンジニアとして生きる(https://tomokazu-kozuma.com/)というタイトルで今もブログを書き進めている。最先端の技術をメインに執筆されているが、至る所にエンジニアとしての考え方や仕事に対する姿勢に関する記事もところどころにアップされているので、エンジニアでない人にもそういう記事をピックアップして読み進めると参考になるのではないだろうか。また技術に関する記事も比較的わかりやすい表現で書かれているので、ブロックチェーンに興味のあるエンジニアにも読みやすいブログと言えるだろう。  さてここまででどのようなブログがあなたにヒットしただろうか。テクノロジーを身近に感じるところから生活に取り入れ、それを仕事にするかどうかは人によって違うかもしれないが、それを認識するかしないかだけでも私たちの生活で変わってくることは沢山あるのではないだろうか。ぜひ、テクアレルギーにならず、テクノロジーのある世界に馴染んでいっていただければと思う。

Gaming gadgets

技術

PCゲームがどんどんと人気を増し主流になってきた現在、それに伴い周辺のゲーミングガジェットも必要とされ、様々なものが発売されている。ゲームを始めてみたいが、商品数が多く価格帯も幅が広いのでどの商品がいいかわからないという人も多いのではないだろうか。今回はそういった方に向けて、大体どんな商品から揃えていけばいいのかを紹介したい。まず、ゲーミングデバイスの三種の神器といわれているのがキーボード、マウス、ヘッドセットである。性能やフィット感などプレイヤー毎に求めるものが違うので、比較的安価な製品から試してみる方がいいかもしれない。この記事では大体5000円台の物を集めてみた。  まずVigor GK30というキーボード。こちらは打鍵感が強いので、このキーを打ったというフィードバックが得やすい。キーの押下ひとつあるかないかで結果が左右されてしまうゲームに適しているといえる。また、キー周りのフレームがないため、誇りや髪の毛が入り込んでも掃除がしやすいというメンテナンス性にも優れている。  次はマウスを見ていきたい。Clutch GM30は左右対称で本体が100g弱と軽く操作しやすい。横幅も62mmとスリムなので、本体横のボタンもクリックしやすい。少しの動きでも鋭敏に反応する「ハイセンシ(ビリティ)運用」が可能なため、通常のマウスに比べるとゲーム内での動きが良くなる。  一方、ゲームを進める中で最大の楽しみの一つがサウンドといっても過言ではないのではないだろうか。実際、サウンドを聞いて状況が変化したことを察知できる事もあるほど重要なポイントである。だが家族や隣人が気になって音量をあまり上げられないという人も多いのではないだろうか。Immerce GH30はイヤーパッドの密閉性が高く、周囲を気にすることなくプレイできるよう、ノイズキャンセリング機能や音漏れ防止の機能に優れている。またマイクも付いているので、わざわざマイクを別に設置しなくてもいいというメリットもある。ケーブルの途中にボリュームコントロールとマイクミュートボタンを兼ねたコントロールボタンが設置されているので、操作性にも優れている。また、頭上部のヘッドバンドには柔らかい素材を使用しており、222gと軽量なため装着時の疲労感が少ないというのも長時間プレイ時には嬉しいのではないだろうか。 三種の神器ということでここまで紹介してきたが、これ以外にも様々な商品がある。操作性を上げるためにマウスのケーブルを上部にホールドしておくものや、マウスパッドにもゲーム用のものがあるほどだ。ゲームの世界は奥深いが、必要に沿って色々と試してみてはいかがだろうか。

Tokyo game show

技術

東京ゲームショウとは、コンピューターエンターテインメント協会(CESA)の主催によって毎年秋ごろ開催されている。L.A.で行われるE3、ドイツのケルンで行われるGamescomと並び世界三大ゲームショウと称される。1996年に初めて開催され、それから毎年欠かすことなく行われている。  期間は4日。最初の2日間(通常は木・金曜日)はビジネスデイとされゲーム業界者や報道関係者、流通関係者のみへの公開となる。残りの2日(土・日曜日)は一般公開日とされている。色々な企業のブースが設けられ、ゲームの展示はもちろん、ゲームのグッズが販売されたりイベントが行われていたりする。また、一般参加者はコスプレでの参加が認められており、毎年色々なゲームのキャラクターになりきることが参加者が一番盛り上がるところでもある。2020年は9月24日からの4日間、幕張メッセで開催される。  2019年の開催では26万人強が参加し、655企業・団体(国内350・海外305)からの出展があった。家庭用ゲームからPC、スマートフォンなど様々なプラットフォームでプレイできる新作やサービスが多く出展されていた。 毎年テーマを抱えており、2019年は「もっとつながる。もっと楽しい」というテーマで開催された。またそのテーマに沿うように、一昨年頃から4Gよりもより一段と高速・低遅延な5Gが導入されることが予測されていた中で、「5Gインパクト~5Gによって“ゲームチェンジ”は起こるか?」という基調講演が持たれた。この5Gムーブが、クラウドゲームやeスポーツにどういった影響を与えていくのかということは実に興味深く、これから注目されていくだろう。  会場ではやはりVRやARなどの技術を使った最新ゲームが見受けられ、様々な参加者からの期待と熱気が感じられた。またそれだけでなく、前述の5Gを利用できるオンラインゲームをはじめとするPCゲーム等も展示される。  開催中にはゲーム関係事業者同士の交流も多く、リニューアルされた「TGSビジネスマッチングシステム」では2018年の2倍にもなる1496件の商談が成立し、ゲーム事業における交流の場という重要な役割も果たしていると言えるだろう。  eスポーツや5Gの到来を踏まえて、これから開催されるショウがどのような未来を見据えて開催されるのだろうか。世界3大ゲームショウとしての役割を担う東京ゲームショウにぜひ一度足を運ばれてはいかがだろう。

ラッキーニッキーカジノ(LuckyNiki)とはどんなカジノか?

技術

ラッキーニッキーは、2017年設立と新し目ながら存在感を増しているオンラインカジノだ。アニメキャラ仕立てにしているところなど見るにつけ、日本マーケットを意識しているのだろうか。サイトは結構シンプルで、日本語サポートもある(電話もOKのようだ)。ゲーム数も1000以上と、なかな か悪くないオンカジだと思われる。 オンラインカジノといえば必ずチェックしなければならない運営会社も、マルタにあるSkillOnNet Ltdとなっている。ライセンスも信用できるもののようだ。バッドレビューも出て来ないし、概ね安心して良いだろう。 サイトの使い方、遊び始め方なども、案内役キャラのニッキー(勝利の女神らしい)とその友達?の萌えキャラが、動画で説明してくれる。初心者には嬉しい仕様かもしれない。 ラッキーニッキー のボーナスはどんな感じか? さてさて、気になるボーナスはどんな感じなのだろう?やはりウエルカムボーナスはオンカジの醍醐味だ。公式サイトのこちらのページで動画でニッキーが説明してくれているが、ラッキーニッキーでは、ウェルカムボーナスは2種類あるそうだ。両方もらえるということではなく、どちらかを選ぶ必要があるらしい。ラッキーニッキー ボーナスについては、リンク先で詳しくどうぞ。 日替わりプロモ(=日替わりボーナス)がなかなかエキサイティング ラッキーニッキーカジノ では、『日替わりプロモ』というボーナスもある。登録していると、メールで毎日のようにお知らせが来るのでついつい見てしまう。公式サイトのトップページからももちろん確認かのうだ。『敗者復活フリースピン』やら、『50パーセントボーナス』やら、様々なフリースピンやキャッシュボーナスがオファーされている。なんか、全部やりたくなってくるな。 クリックしてラッキーニッキーカジノのレビュー&詳細を読む 豪華商品つきの様々なトーナメントが定期開催 ラッキーニッキーはトーナメントの種類が豊富だし、随時開催されているようだ。なんと、賞品がアウディなんてものまである。そういうのは『BIGトーナメント』ということで、参加するにも特定の条件をクリアしなければならないようだが…。他にも海外旅行が当たったり、夢があるトーナメントが目白押しだ。 割とシンプルな作りのオンカジだが、じわじわハマりそうな魅力を感じた。

日本のビデオゲームはファミコンに始まり多様な変化と進化を遂げてき

技術

た。世界のゲーム文化に多大な貢献をもたらしたとも言われている。今回は日本でも世界でも未だにプレイされている10大ゲームを見ていこう。 バイオハザードは96年にPlaystationから発売され、携帯アプリなどを含めると19年12月現在で132タイトルを誇る。累計売上は9400万本。ハリウッドで映画なども製作され、ゲームファンにも映画ファンにも多大な影響を与えた。 Wii Sportsは世界中で約8800万本の売上を上げた。それまで手先だけを使うものがゲームという常識を、Wiiというデバイスによって体全体を使ってプレイするという常識に覆した事はゲーム界にとって大きな事件だったのはこの数字を見ても一目瞭然だ。 ドラゴンクエストは86年、ファミコンのソフトとして発売された。家庭用ゲーム機でのRPGゲーム第一号だ。それから携帯電話を含む様々なデバイスでタイトルを発表し、20年現在でも発売が予定されているという事実は今でも根強いファンがいるということを示している。 ファイナルファンタジーも同様に87年発売され、今でも絶大な人気を誇っている。ドラゴンクエストとは良いライバル関係である。 ストリートファイターは87年にアーケードゲームとして発表されたが、続くストIIがスーパーファミコン版で発売された。多くのシリーズが産み出され、今でもアーケードで見られるほどだ。 2001年に発売されたどうぶつの森はNINTENDO64用のソフトであったが女性や子供の絶大な人気を得てニンテンドーDSソフトの『おいでよ 動物の森』で全世界約1700万本の売上を上げた。 モンスターハンターは今でも世界中でプレイされている。2004年にPlaystation2で発売され、Wiiや3DSからはネットに繋ぐことでチームプレイやバトルが可能になったためか、コアなファンを増やした。 ゼルダの伝説は86年に任天堂がリリースした。今でも根強いファンが空の支持を受け、昨秋には最新作『夢をみる島』も発売されている。 ポケモンはゲーマーでなくとも聞いたことがある人が多いのではないだろうか。96年にゲームボーイ用ソフトで小学生層の強い支持を得て、97年にはアニメ化もされ、さらに映画化までされている。様々な社会現象を生み出し、ポケモン市場は6兆円を越えるともいわれる。 スーパーマリオブラザーズは説明する必要がないくらい、誰もが知る日本のビデオゲームだ。85年にファミコン用ソフトとして発売されて以来様々な関連タイトルが産み出され、累計5億6千万本の売上を突破し、最も売れたゲームシリーズとしてギネスにも名が刻まれている。特に主人公のマリオは任天堂の看板キャラクターにもなっており、世界中で未だに愛されている。 ここまで早足に見てきたがいかがだろう。半数以上が長い歴史を持ち、全世界で愛されているゲームが多かった。毎日多くのゲームが産み出される中で生き残ってきたのは、大事なものは変えなくても、時代に合わせて必要なものは変えていくというクリエイターの決断の連続であったのではないかと感じる。これからもどんなゲームが生まれて残っていくのか、楽しみである。