カジノが合法になるのかならないのか―日本でも話題になったのは最近だ

技術

が、その中でネット上でプレイできるオンラインカジノが話題になっている。海外のカジノサイトに日本からでも参加できるというものだ。  カジノと聞くと、日本人にとっては違法ではないのか?と心配になるところだが、今現在はオンライン上でのプレイに関する法律はなく、グレー状態と言えるようだ。そのサイトが国からライセンスさえ与えられていれば、日本人もプレイできる状態だ。ただ、色々と気を付けるべき点はあるので調べていただきたい。  検索サイトで調べると、信頼できるカジノサイトのまとめサイトなどが出てくるので、支払い方法や言語など自分に合うサイトを見つけられる。大まかな流れとしては、登録→入金→プレイ→出金の流れである。ただ、入金には少しためらいがあるという方に、無料プレイと入金不要ボーナスと言うサービスが用意されているサイトもある。まずは少し試してみたいという方にぴったりではないだろうか。  また、サイトを選ぶときに注目したいのが「ペイアウト率」である。これはサイトの利益からどれくらい勝ちプレイヤーに還元されているかという率で、これが普通の競馬や競輪などよりも高いのがオンラインカジノの魅力でもある。サイトによっては公開されていないものもあるようだが、問い合わせると教えてくれることもある。また、ゲームごとにペイアウト率が設定されている事もあるので、チェックしてプレイするのもいいだろう。 趣味でプレイするのもいいが、やはりお金を稼ぎたいという方もいるかもしれない。そんな方に、宝くじなどのキャリーオーバーの様に今までのプレイヤーの賭金がたまっていき、勝った場合に賞金として貰えるゲーム等もある。ジャックポットに当たるかもと思いながらプレイするのは楽しいのではないだろうか。  また、日本人プレイヤーが徐々に増えていることも意識されているのか、日本人になじみの深いスロットや、アニメのようなキャラクターが出てくるゲームも増えているようだ。今まで馴染みのないゲームでも、デザインを見て安心できるということもあると思う。  ここまでざっと見てきたが、どうだっただろう。この記事を読むまであまりなじみのない世界だったかもしれないが、少し興味を抱いていただけたのではないだろうか。実際、私も調べていくうち少し試してみたくなった。ただやはりギャンブルなので、資金が全くマイナスにならないとは言い切れない。自分の生活範囲の中で、安全に楽しんでいただきたいと思う

Zamsino Japanと、編集長エリック・キング氏

技術

この記事では、日本の様々なオンラインカジノサイトを比較しているサイト、「Zamsino Japan」と、その編集長のエリック・キング(Erik King)氏をご紹介します。Zamsino Japanは、2020年最新の日本のオンラインカジノサイトを比較し、記事やランキングで紹介しているサイトです。とてもシンプルな作りのサイトですが、その分、必要な情報(ボーナス比較付きの、オンラインカジノランキングなど)が直ぐに見つけられる、とっても使いやすいオンカジ比較サイトです。 編集長のエリック・キング氏 Zamsino の編集長であるエリック・キング(Erik King)氏は、カジノ業界で様々な経験を長年積んできた正真正銘の「カジノのエキスパート」です。エリック氏は、事業開発マネージャー、カジノゲーム・インテグレーター、ウェブ開発者、ウェブサイトエディターとして、iGaming 業界で幅広く、長年活躍してきました。このように、色々な角度からカジノ業界をみてきた経験から、広い視野と、信頼できるプロの目線を持っています。Zamsino Japanでは、エリック・キング氏監修のもと、オンラインカジノを比較&紹介がされています。オンラインカジノ比較サイトは数あれど、このように編集者を全面に紹介しているのはとても珍しいことです。メールアドレスまで公開しているので、かなり信頼もおけそうです。 Zamsino Japanで主に得られる情報 Zamsino Japanでは、日本のオンラインカジノのフリースピン数、カジノボーナス等の最新情報を比較紹介しています。サイトに飛ぶと、トップぺージで早速、おすすめの高額ボーナスオファー中のオンカジをランキング形式で紹介しており、一番お得に遊べるサイトが一目で分かります! Zamsino Japanでは、ユーザーに安心してもらえるサイト紹介を重視しています。例えば、高額なボーナスにはよく、規約をよく読まないと気付かないような厳しい賭け条件や出金条件が設定されています。Zamsino Japanは、そういったサイトの姿勢を良しとしないため、不当な賭け条件を提示しているカジノは掲載していません。 また、オンラインカジノ用語の説明や、様々なボーナスの種類、オンラインカジノで人気のゲームの種類など、様々な基本情報も書かれています。

様々なガジェットが発売されている中で一体何を購入すればいいのかわか

技術

らないという方も多いのではないだろうか。そんな方のために、今人気のあるガジェットを10個まとめてみた。 Apple Watch5はiPhoneには欠かせないといえるほど重要な存在になっている。5から可能になったのがSuicaの利用や常時点灯可能という点だ。常時点灯になっても前作とかわらない18時間の使用が可能であることで、より使いやすさが増したのではないだろうか。  Anker PowerCore+ 19000PDは、ノートパソコンを外出先で使用する人には欠かせない大容量のモバイルバッテリーだ。10Wと15W出力のUSBポートが備えられえており、デバイスによって出力数を選べる上に、充電時間も3.5時間と短い。  Nebulla CapsuleIIは、世界初のAndroidTV搭載のモバイルプロジェクターだ。プロジェクター・TV・スピーカー・ゲーム機・PCモニターとして利用出来る5in1モデルなので、家庭のモニター類もこれでひとつにまとめることも可能だ。解像度が720pHDと高く綺麗な画像で視聴できることも大きい。  Soundcore Wakeyは多機能Bluetoothスピーカーだ。Wakeyとあるように目覚まし時計としても使えるが、ラジオの受信やUSBポートからの他デバイスの充電、また上部にワイヤレス充電のポートがあり、対応のデバイスも充電可能だ。  Anker Roav Dashcam C1はスマホとも連動できるドライブレコーダーだ。1万円以下で購入でき、広角で撮影が可能だ。撮った画像をそのままスマホで観ることもできるので、ドライバーには必須だ。 SonyのSRS-WS1はネックピース型スピーカーである。映画や音楽を鑑賞する際にも首に掛けている事さえ忘れてしまうほど軽く、また低音から高音域までバランスよく出るので、気軽に使える。  PowerbeatsProは、ヘッドホンメーカーのbeats社製のワイヤレスイヤホンだ。ケースの蓋を開けるだけで初期設定ができる。またイヤーハングになっているので落としてしまう心配も少ない。重低音が好きな方には試していただきたい。   一方自宅ではヘッドホンで聴きたいという人には、SENNHEISER HD800はいかがだろう。ゼンハイザーのフラッグシップヘッドホンとして発売され、価格は高めだが上質な音を届けてくれる。 DJI OSMO POCKETは小ささと軽さを重視した4Kカメラである。動画を取った際にも手振れが少なく、自撮りにも対応している。小型ではあるが役に立つ一品だ。  SanDisk ポータブルSSDは9,6cm×5cmとスマホよりも小さい上、最大2mの落下の衝撃と振動に耐えられる。USB-CとUSB3.0のケーブルも付属品として付いており、わざわざ追加購入する必要もない。500GBと容量も大きいのでポータブルに最適だ。

日本のビデオゲームはファミコンに始まり多様な変化と進化を遂げてき

技術

た。世界のゲーム文化に多大な貢献をもたらしたとも言われている。今回は日本でも世界でも未だにプレイされている10大ゲームを見ていこう。 バイオハザードは96年にPlaystationから発売され、携帯アプリなどを含めると19年12月現在で132タイトルを誇る。累計売上は9400万本。ハリウッドで映画なども製作され、ゲームファンにも映画ファンにも多大な影響を与えた。 Wii Sportsは世界中で約8800万本の売上を上げた。それまで手先だけを使うものがゲームという常識を、Wiiというデバイスによって体全体を使ってプレイするという常識に覆した事はゲーム界にとって大きな事件だったのはこの数字を見ても一目瞭然だ。 ドラゴンクエストは86年、ファミコンのソフトとして発売された。家庭用ゲーム機でのRPGゲーム第一号だ。それから携帯電話を含む様々なデバイスでタイトルを発表し、20年現在でも発売が予定されているという事実は今でも根強いファンがいるということを示している。 ファイナルファンタジーも同様に87年発売され、今でも絶大な人気を誇っている。ドラゴンクエストとは良いライバル関係である。 ストリートファイターは87年にアーケードゲームとして発表されたが、続くストIIがスーパーファミコン版で発売された。多くのシリーズが産み出され、今でもアーケードで見られるほどだ。 2001年に発売されたどうぶつの森はNINTENDO64用のソフトであったが女性や子供の絶大な人気を得てニンテンドーDSソフトの『おいでよ 動物の森』で全世界約1700万本の売上を上げた。 モンスターハンターは今でも世界中でプレイされている。2004年にPlaystation2で発売され、Wiiや3DSからはネットに繋ぐことでチームプレイやバトルが可能になったためか、コアなファンを増やした。 ゼルダの伝説は86年に任天堂がリリースした。今でも根強いファンが空の支持を受け、昨秋には最新作『夢をみる島』も発売されている。 ポケモンはゲーマーでなくとも聞いたことがある人が多いのではないだろうか。96年にゲームボーイ用ソフトで小学生層の強い支持を得て、97年にはアニメ化もされ、さらに映画化までされている。様々な社会現象を生み出し、ポケモン市場は6兆円を越えるともいわれる。 スーパーマリオブラザーズは説明する必要がないくらい、誰もが知る日本のビデオゲームだ。85年にファミコン用ソフトとして発売されて以来様々な関連タイトルが産み出され、累計5億6千万本の売上を突破し、最も売れたゲームシリーズとしてギネスにも名が刻まれている。特に主人公のマリオは任天堂の看板キャラクターにもなっており、世界中で未だに愛されている。 ここまで早足に見てきたがいかがだろう。半数以上が長い歴史を持ち、全世界で愛されているゲームが多かった。毎日多くのゲームが産み出される中で生き残ってきたのは、大事なものは変えなくても、時代に合わせて必要なものは変えていくというクリエイターの決断の連続であったのではないかと感じる。これからもどんなゲームが生まれて残っていくのか、楽しみである。

オンカジをスマホでプレイ!モバイルカジノとは?

技術

みなさんは、オンラインカジノをプレイするとき、どんなデバイスを使用していますか? やはり、オンラインカジノの魅力は優れたCGだったりもしますし、画面が大きい方が迫力はあるので、デスクトップやノートパソコン等、パソコンでプレイする人もきっと多いですよね。それはそれで、臨場感重視の場合はベストですし、めっちゃ楽しいですよね! でもやはり、ちょっとした空き時間にも、プレイできたらいいですよね。 何せオンラインカジノプレイヤーは皆、一攫千金の夢を見ているわけですから(ですよね?) ^^。 待ち合わせ時間に、仕事の休み時間に、電車やタクシーで移動中等に、寝る前に少しだけ、サクッと…『暇つぶししたい』&『稼ぎたい!』という気持ち、みんな持っているはず。 『ちょっとプレイしたら、数10万円〜100万円とか勝てるかも…』と、思うと、やはりスマホでプレイできる機能は、嬉しいですよね。普通のスマホゲームするより必然的にエキサイトしちゃいますね! 「画面が小さいから、パソコンほど楽しめないのでは?」という人もいるでしょう。でも今は、多くのオンラインカジノがスマホ対応(完全レスポンシブ)デザインにしており、また、スマホならではの特典もあったり、とにかくモバイルにも力を入れています。モバイルカジノならではのメリットもあるんです!スマホやタブレットでもどんなデバイスでも、いつでもどこでも好きなゲームをプレイできる時代になっています。 また、オンラインカジノ業界では単なるモバイル対応(=レスポンシブデザイン)にとどまらず、最近では「モバイルアプリ」を提供しているオンラインカジノが本当に増えているんですよ。また、入金&出金や設定の変更等も、アプリからできるサイトもたくさんあるので、スマホだけでゲームのプレイ&お金の管理まで完結できちゃいます。 スマホアプリを提供しているおすすめオンカジ: 以下のオンラインカジノはどれも、スマホアプリを完備していて、且つおすすめできる安心安全のオンラインカジノです!初回ボーナス情報と一緒に、参考にしてみてください。 オンラインカジノ名  初回ボーナス  ウィリアムヒル    $150 ジパングカジノ    $300 カジノX        ¥200,000 まね吉       $777&入金不要フリースピン