海外のサイトを見ていると、時々日本の商品を話題にしているサイトに出



会う。日本で暮らしていると気づかないことが多いが、海外の人にとっては、日本の製品はとてもユニークに映るようだ。そんな日本の製品をいくつか集めてみた。

アイマスクアラームは、アイマスクとアラームを合体させた新しいデバイスだ。スマートフォンで起きたい時間をセットすると、光とバイブレーションのコンビであなたを起こしてくれる。光もだんだん明るくなるようになっているので、叩き起こされる感じではなく快適に起床できる。鼻にフィットするデザインで、カバーも洗濯できるので、清潔に保てることもポイントだ。

 ランチの後せっかく買ったコーヒーが冷めてがっかりすることは皆さんも覚えがあるのではないだろうか。USBあったか紙コップウオーマー2はそんな悩みを解決してくれる製品だ。コップの様な形状になっており、USBプラグさえあればそのままコップを差し込んで使用できる。紙コップに入っていれば自分で暖めた飲み物も保温できるので、オフィスでも家でも活躍しそうだ。

Smaponはスマートフォンの上に乗せて遊べるコミュニケーショントイだ。専用アプリをダウンロードし、画面の上に載せると会話が始まる。ユーザーに合わせて性格が設定され、日替わり占いやミニゲーム等色々な楽しみ方が出来る。お世話モードは昔流行した万歩計のようだ。また相性占いや他のSmapon同士でのおしゃべりモードもあるので、少し疲れたときに癒されるのもいいかもしれない。

 空調服はもともと真夏の炎天下や過酷な環境下での作業用に作られた製品だが、最近は日本でも真夏の気温が上がってきているので、一般人にも浸透しているようだ。バッテリーを電源にしてファンが動き、体の表面に大量の空気を流すことで汗を気化し、通常より体感温度を下げることが出来る。エアコンよりも使用する電気量が少ないのでエコともいえるだろう。

PCの見すぎでドライアイや疲れ目に悩まされている方も多いのではないだろうか。The hushtime minionアイウォーマーは使いすぎた目を暖めてリフレッシュさせてくれる。ピーナッツのようなカーブ状の形状がアイホールにフィットし、目を暖めてくれる。スイッチを入れてから約10秒で温まるのでその場ですぐ利用でき、3種類の温度設定があるので好みや疲労度によって使い分けることも出来る。USBで繋げるワイヤレス充電パッドも付いているので、オフィスでも簡単に充電できる。

 日本人はサービス精神が旺盛だとよく言われる。今回の調査でも、その様な精神が多くの製品から感じられた。これからもどんな製品が生まれてくるのか楽しみだ。



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*